tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
阿佐ヶ谷住宅見学会
c0028405_14375637.jpg
今日のエスキスは、うわさのMピコ邸で行われた。阿佐ヶ谷住宅の某一角に到着すると、ピコピコが窓からぴょこっと顔を出し、こっちこいよと手招きをしていた。メンバーがおそるおそるドアを開けると、満面の笑みを浮かべたピコピコが出迎えてくれた。でかい、そして聞き知るうわさとは違い、かなりきさくな人みたいだ。(どんなうわさだ)生茶をすすりながら軽く自己紹介をして、各自敷地データと再開発の概要を発表。プログラム自体は単純明快なこと、その代わりに、プログラムでは捉えきれられないところが重要だと再確認した。ユニットの進め方は、全員で情報を共有化し、さまざまな可能性をできるだけ検討していくという方向性に。とりあえず敷地模型を早急に制作するよう指示される。



肝心のピコ邸はというと、2DKを改造したワンルーム、部屋の真ん中にベッド、整理整頓、窓にカーテンなし、そして以外だったのが、部屋のところどころにエスニック調の小物がごろごろしていたことだった。当たり前と言えばそうだが、生活感出まくりでした。あと、プラモデル好きらしいという噂は本当で、戦車とかAKIRA、攻殻、ガンプラが、部屋の隅にちょこちょこ置いてあった。突っ込もうかと思ったが、今後のことを考えやめておく。

その後、阿佐ヶ谷住宅の中を全員でフィールドワーク。桜がたくさん植えられていて、もうちょっと早く来ていればと後悔する。前川國男のテラスハウスは、屋根が赤くてかわいらしいヴォリュームだった。配置計画も、グリッドなんだかそうではないのかよくわからない配置で、たくさんの緑と合い重なり、何だか懐かしいような新しいような不思議な情景を生んでいる。油断すると、トトロが茂みの間からひょこっと出てきそうな雰囲気と言えばいいのだろうか。老朽化と手狭さで入居率40%というのは本当で、廃墟となった棟がすごく多い。増築を重ねた違法建築も多かった。でも気持ちのいい場所だ。できれば壊される前に住んでみたいと思った。

最後に、テラスハウスをオフィスにしているS崎事務所を見学させてもらう。残念ながらご本人は不在だったが、S崎さんはI東事務所と協働している人で、事務所の中には例の貝殻スパの現場写真とかがちらほらしていた。テラスハウスの元図面と照らし合わせながら、事務所の中をくまなく散策。天井高は2100で、やっぱり窮屈だった。スタッフの方にお礼を言って事務所をあとにし、その後解散。阿佐ヶ谷住宅のテリトリーを抜け出て駅に向かって行くと、歩き慣れたはずのアスファルト道が、少しばかり固いような感じがした。
[PR]
by tzib | 2005-04-16 23:11 | orbit
<< 『10+1』No.38 ページトップ 院生室 >>