tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北陸建築巡礼
c0028405_3523931.jpg

04/29-30
上京してきた友人と共に、東京探索旅行。渋谷・原宿・新宿をふらつく。

05/01-03
北陸建築巡礼旅行を4名で決行。

01日:早朝出発。午後金沢21世紀美術館に到着。あいにくの雨模様。館内をくまなく散策。うーん、まさにSANAA建築。GWということもあって、館内は老若男女さまざまな人でごった返している。一番気に入ったのは、展示室の壁に出入り口とは別に付いた小窓。空間の親密性をとても上げていて、すごくかわいく、ついついのぞいてしまう。床の仕上げが気になる。とてもいい建築だと思った。「妹島和世+西沢立衛/SANAA」展と、同時開催の「世界の美術館 未来への架け橋」展も鑑賞する。夜はシャワー付きの漫喫に宿泊する。

02日:朝食後金沢市立玉川図書館へ。残念ながら閉館だったため、外観だけを見学。印象的なファサード。中庭は少し窮屈な気がした。内部を見れないのが悔やまれる。その後金沢を発ち、一路新潟を目指す。松之山では「森の学校」キョロロを見学する。2度目の訪問。以前来たときよりはインパクトが薄くなったけれど、それでも異質なヴォリュームだと思った。しかし、このヴォリュームが違和感なく周囲にとけ込んでいるのはとても不思議だ。コールテン鋼だけが原因ではないと思うけれど、一体どうしてなのだろう。松代ではまつだい雪国農耕文化村センター[農舞台]を見学する。こちらも2度目の訪問。うん。夜は新潟市の漫喫に宿泊する。

03日:朝食後、水の駅「ビュー福島潟」を見学。まさに「ジェット・コースターの自由」。建物からの眺めや手すり、ホール空間はとても気持ちがよかった。その後、群馬へ向かう。新富弘美術館を見学。偶然にもkumaにばったり出会う。オープンしてまだ間もないので、とにかく人が多い。館内は撮影禁止だったが、建築学科の学生ということで、展示室をのぞいた部屋の撮影許可を40分間だけもらう。驚いたのは、円形の部屋それぞれの床・壁・天井の仕上げが、すべて異なっていたことだった。円形の部屋がすべて連続していて、仕上げもすべて異なっているので、移動する度の変化がパラパラ漫画みたいで楽しい。が、それも最初だけで、最後には目が回ってすごく疲れてしまった。うーん。完結性の強い平面や、ばっさりと正方形で切断された外部と内部の境界には、ふつふつと疑問がわき起こる。見学後、渋滞に巻き込まれながら東京に帰還する。くたくた。でも充実。みなさん、特にfunfunおつかれさまでした。


[PR]
by tzib | 2005-05-03 23:52 | orbit
<< GW ページトップ 丹下健三 >>