tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
最終講義

午前中は3年の即日設計をTA。今日のお題は2時間でパース1枚提出という、なかなかとんがった内容。みんないつも以上に集中力が高く、ぼくはいつも以上に出番がない。最後に手書きのパースを描いたのはいつだったか…なんて窓に向かいながら、2時間ひたすらぼんやりする。

午後は4年の設計をTA。今度は発表のあとに毎回意見を求められるので、一転して気が抜けない状況だ。授業開始前に、20年前にあった神田多町コンペ優秀案についてのA原講義があった。それはなんと、若かりし頃の山本理顕の案。今と作風が全く違うが、理路整然とした部分は変わらない。古いものに触れることで新鮮さを感じた。プレゼンはどのグループも大分方向性が固まってきたようで、キャラクターの違いがだんだんとはっきりしてきた。職住混合させ、24時間アクティヴィティを発生させるというグループがおもしろそう。どう混合させるのか、また、そこにエネルギーを循環させる「環境ユニット」を加えてみてはどうか、というA原チェックが想像力を刺激させる。

5限はN沢先生の最終講義。技術史が持つ側面の重要さを強調し、それを学ぶとともに、関連されるさまざまな分野を垂直/横断的に、そして楽しみながら学んでいけ。膨大な情報の海に自ら飛び込め、とのお達しが下される。全3回しかなかったが、とても有意義な講義だった。


[PR]
by tzib | 2005-05-10 23:23 | orbit
<< 高円寺会館改築 ページトップ informal >>