tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
九州旅行02日目
09月22日:
K邸→アクロス福岡→赤煉瓦文化館→キャナルシティ博多→ホテル・イル・パラッツォ→一風堂で昼食→ネクサスワールド→ぐりんぐりん→K邸バーベキュー

c0028405_23433723.jpg
K邸シンボル
c0028405_23342164.jpg
「アクロス福岡」設計:エミリオ・アンバース
c0028405_23351471.jpg
中央部吹き抜けc0028405_23362751.jpg
「キャナルシティ博多」設計:ジョン・ジャーディ
c0028405_23373630.jpg
カフェにて遭遇
c0028405_23382723.jpg
「ホテル・イル・パラッツォ」設計:アルド・ロッシ
c0028405_2339125.jpg
前景見上げ。トラバーチンのオブジェのよう。
c0028405_23411392.jpg
エントランスロビー。ガウディのイスが目立っていた。
c0028405_23422462.jpg
「ネクサスワールド」コーディネーター:磯崎新。写真は「レム棟・コールハース棟」全景。
c0028405_23471791.jpg
レム棟・コールハース棟
c0028405_2348255.jpg
スティーブン・ホール棟01
c0028405_23483034.jpg
ホール棟02c0028405_23493119.jpg
オスカー・トゥスケ棟c0028405_23501887.jpg
クリスチャン・ド・ポルザンパルク棟c0028405_23504752.jpg
ポルザンパルク棟・裏手c0028405_23513143.jpg
石山修武棟c0028405_23515444.jpg
マーク・マック棟/赤c0028405_23522855.jpg
マーク・マック棟/黄
c0028405_23525177.jpg
「アイランドシティ中央公園中核施設『ぐりんぐりん』」設計:伊東豊雄建築設計事務所
c0028405_23534299.jpg
近景
c0028405_235475.jpg
エントランス・おしり
c0028405_2354302.jpg
エントランス・おなか
c0028405_23552657.jpg
内観
c0028405_23555110.jpg
横っ腹
c0028405_23561052.jpg
エントランス・どたま
c0028405_23562658.jpg
屋上庭園

ホテルで朝食後、出発。まずはK邸に荷物を置きに行く。K邸の豪華さに一同緊張。うわさのK父・母にごあいさつし、天神地区へ。車を止めて、市内を地下鉄で移動する。「アクロス福岡」は思った以上に緑が茂っていて、もはや小山のようだった。外部/内部の断絶が少し気になったけど爽快な建物。「赤煉瓦文化館」はこの間の地震のため、補修中で見れず。昼間の中州を通り過ぎ、「キャナルシティ博多」へ。とにかく非日常的な場所。ミッキーマウスはいなかったけど、ムーミンを発見する。「ホテル・イル・パラッツォ」はほとんど彫刻に近かった。でも意外によかったのがびっくり。一風堂でラーメンをすすったあと、車で「ネクサスワールド」に向かう。こちらは外観のみの見学。スティーブン・ホール棟はにぎわっていたけど、他の棟からは人の気配があまり感じられなかった。その分建物の主張がより激しく見えてきて、やや食傷気味になる。その後、アイランドシティに向かい、「ぐりんぐりん」を見学。丁度「アイランド花どんたく」が開催中で、平日にも関わらずにぎわっていた。「ぐりんぐりん」には、表現しにくいのだけど、郷愁にも似たような何とも言えない懐かしさを感じた。この建物に関しては、よくよく考えを整理してみる必要があるだろう。とにかく不思議な建物だった。屋上庭園は結構歩きにくくて、不自由さを感じた。十二分に満喫した後、銭湯で一日の汗を流し、K邸のお庭でバーベキュー。ソムリエ兼母親であるK母の手料理をごちそうになる。夜中の3時過ぎまで延々と飲食を続け、安らかな眠りにつく。
[PR]
by tzib | 2005-09-22 22:22 | orbit
<< 九州旅行03日目 ページトップ 九州旅行01日目 >>