tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
修士キャンプ・リバイバル終了
Y社長の招集により、24日より再びキャンプイン。芸大の修士展とギャラ間の住宅展を駆け足で観たあと、学校に集合。今日のプレゼンに向けて、怒濤の3日間を過ごす。

進行状況としては、多分、かなり危険な状況だったけど、Bow-Wow、短髪H、そしてNプライザーの見事なチームワークにより、何とか発表のかたちまでこぎつけることができた。時間内に力技でまとめあげたY社長の手腕もありますが。

設計系のオオトリとなった発表では、ぼくの軽いパワポ操作ミスや、あくまで目をつぶっていた部分への鋭い突っ込みなど、想定外のトラブルが次々と発生。だが、Y社長はそんな逆風をものともせずに、部下が慌てふためく様をゆっくりと静止し、ウインク付きスマイルで抗うことなくすべてを受け流すというカリスマ性を発揮。逆風が追い風へと変わっていく。空気をつくり出すとはまさにこのことだ。結局、怪我することなく無事に終了する。周囲の反応も上々で、一同とりあえず安堵する。

その後は聖地ニューヨーカーズで闘いの労をねぎらい、ブースに帰還後、爆睡。21時頃叩き起こされ、CCPとビールで軽い打ち上げをし、夢現つのまま帰宅。なぜだかよくわからないけど、オレンジ色の夢を観て軽くうなされた。
[PR]
by tzib | 2006-02-27 23:59 | orbit
<< 修士打ち上げ ページトップ オラファー・エリアソン「影の光」展 >>