tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
北京市内観光
c0028405_2040215.jpg
コンペ提出を無事に終え、IさんとTくんと北京市内観光に出かける。今日はひさしぶりの快晴で、絶好の観光日和。まずは天壇公園から。入り口の門をくぐるなり、見たことのない世界に圧倒される。南北の軸線は、中心の基壇に向かうにつれ知覚できないレベルで徐々に高くなり、周囲の壁も低く抑えられているので、中心に進むにつれてまるで自分が徐々に空に浮いて透明になっていくかのような錯覚に襲われる。空が近づいてくると同時に、空に入り込んでいくような不思議な感覚。
c0028405_20403780.jpg
圜丘。
c0028405_20405198.jpg
皇穹宇。
c0028405_2041556.jpg
皇帝の位牌を祀っている。
c0028405_20411788.jpg
天壇公園は、いろいろな人たちがいろいろなところでいろいろなことをしている不思議な場所で、中国人のオープンデスクのKくん曰く、天壇公園とはリアルmixiの世界なのだそうだ。確かに、273ヘクタールという気が遠くなるほど広い公園内でさまざまな集団をのぞきながら歩いていると、mixiでコミュニティ検索をしているような錯覚を覚えなくもない。広い場所では太極拳が、木陰の涼しい場所では故宮の合奏が、など、場所の質感によってコミュニティの分布が少しずつ異なっているが、それは現実空間ならではの現象だ。外国人のぼくにはわからないが、Kくんなどが天壇公園にいる人たちを見ると、「コミュニティに入りたい/コミュニティをつくりたい」という気迫が見え隠れして、ある種の気恥ずかしさを感じてしまうという。北京では、コミュニケーションの中に依然として「空間」が存在し、選択可能で交換可能なコミュニティを創出する場所が、都市装置として機能している。
c0028405_2042321.jpg
瑠璃瓦がきれいな門。
c0028405_20421644.jpg
鮮やかな色彩をくぐり抜けると…
c0028405_20492656.jpg
どーんと、祈年殿がそびえ立つ。
c0028405_20494030.jpg
祈年殿は一切クギが使われていないという。青空に鮮やかな色彩が映える。
c0028405_20495221.jpg
地平線が見えそうなほどの長い道路。
c0028405_2050541.jpg
天壇をあとにし、后海へ。写真は、后海沿いで見つけた北京の桜。
c0028405_20501776.jpg
后海沿いの荷花市坊。控えめに見えるスタバの看板。
c0028405_20503056.jpg
柳の下を歩きながら、池のまわりをゆっくりと歩く。
c0028405_20504310.jpg
池沿はを改装したバーストリートが建ち並んでいる。写真奥に見える「銀錠橋」は、人気の観光スポット。
c0028405_2050568.jpg
続いて胡同探索。
c0028405_2051151.jpg
細い路地でも街路樹が豊かで、その下でカードゲームなどで遊んでいる老人たちの笑い声が、黒煉瓦に響き渡る。
c0028405_20513254.jpg
歩き疲れたので、胡同を改装したバーで一休み。
c0028405_20515181.jpg
青島ビールで乾杯。
c0028405_20522944.jpg
続いて天安門広場へ。どこからともなく人がやってきて、何をするでもなくたまっていて、いつしかどこかへ消えていく。
c0028405_20524874.jpg
渦中の「中国国家大劇院」。ポール・アンドリュー設計。
c0028405_205330100.jpg
夜は、北京の銀座こと王府井へ。広大な歩行者天国で、もはや広場に近い通りになっている。
c0028405_20542465.jpg
ぷらぷら観光後、三里屯へ。北京ダックで有名な「大蕫(ダートン)」へ向かう。北京に来てはじめての北京ダックに舌鼓を打ちながら、有意義な休日を終える。家に帰るとくたくたですぐにばたんきゅー。
[PR]
by tzib | 2007-04-08 23:08 | orbit
<< 帰国 ページトップ 釘子戸 >>