tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧
動物園
生まれてはじめて上野動物園に行く。動物園に行くこと自体がひさしぶりなので、かなりどきどき。動物園の隅から隅まで半日かけて、パンダ、ライオン、おさる、ゾウなど、たくさんの動物たちを見て回る。動物の動きは見ているだけで楽しい。彼らの動作には決して入り込むことができないのだけど、その予測不能さがとにかく楽しいのだ。とくに毛がもこもこしてちょこちょこ動く小動物や赤ちゃん動物たちには、何度も魂を抜かれそうなほどに心を奪われてしまった。きゅーとか鳴き声を出されると、足腰なんてもうがたがたになってしまう。そのまま家に持って帰りたくなる衝動を何回押さえ込んだのかわからない。うん、変態だな。

園内に入って驚いたのは、動物たちが鉄の檻の中にではなく、FRPの擬岩が駆使されたジオラマというか、擬似的な自然環境の中に閉じ込められていたことだった。彼らが住んでいた場所を模倣して、できるだけ本物に近づけようとしているのだけど、そこにはどうしても違和感が生じてしまっている。早い話が、すごく安っぽいのだ。この展示方法は観客のためなのか、それとも動物たちのために考えだされたものなのか、詳しい事情はよく知らないけど、もう少し違った方法があってもいいのでは、と思った。中途半端にまねるくらいならば、まったく違う場所を考えてみた方が、どちらにとっても喜ばしいことではないだろうか。

本江さんの文章にも、「考えるほどに動物園ってのは生命と環境と文化に関わるデザインの諸問題が集約された空間である。都市における教育文化施設の立地論から、ランドスケープデザインみたいな大きなスケールの話もあれば、ゾウ舎、サル山、ペンギン池など建築スケールもあり、サインやチケットのグラフィックデザインもできる。マイクロチップの識別票あたりからデジタルなシステムを構想するなんてのもありだろう。」とあったけど、もしかしたら本気で動物園について取り組んでいったなら、次々におもしろいことが起きるのかもしれない。

とかいいつつも、動物園にはすっかりはまってしまった。年間入場券を握りしめるリピーターになってしまいそうです。心身ともに充実した、すごく楽しい一日でした。
[PR]
by tzib | 2005-08-31 23:31 | architecture
アメリカ大都市の死と生
今日は敷地調査と調べもの。敷地は狭かったけど、思ったより気持ちのいい場所だった。桜並木がやはり印象的。

アメリカ大都市の死と生』を読了する。この本は以前読んだ『創発—蟻・脳・都市・ソフトウェアの自己組織化ネットワーク』に引用されていて、ずっと読まなければと思っていた本だ。

著者は 「自分では何も考える能力のない人が、他人にすべてお膳立てをしてもらって、計画してもらって、住み方まで口出しされて、そんな連中しかまともに暮らせないような都市がハワードの田園都市なのだ」というように、「田園都市思想」や「300万人のための都市」の機能分離を徹底的に、多少ヒステリックに攻撃している。彼女は建物、街路、人間の間に生じてしまった「距離」こそが問題だとし、街路は「移動するための場所」ではなく、「アクティビティの相互作用とコミュニケーションを生み出す場所」であり、そこから生まれる多様性こそが重要だと主張する。

この本が出版されて40年経つが、情報化社会という距離感への認識が変化してきた現代だからこそ、この本が示唆する人間中心の都市への可能性は、ますます重要になってくると思う。これから先、直接コミュニケーションの重要性が高まるといわれるなかで、街路のような場所は必要不可欠になるだろう。ぼくたちはあらゆる視点を獲得して、新しい都市の方法論を模索しなければならない、なんて思った。

»以下、『創発』からの引用文
[PR]
by tzib | 2005-08-30 23:30 | resource
ワークショップガイダンス
今日は夏のワークショップのガイダンス。課題と敷地が発表され、1週間のスケジュールが説明された。課題内容は狭小住宅の設計で、敷地は日本橋の中低層ビルが建ち並ぶ密集地域。間口が狭く奥行の深い南北に細長い形で、南面が道路に面した敷地だ。俗に言う「うなぎの寝床」。特徴的なのは道路の桜並木で、敷地の目の前にも桜の木が生えていること。家族構成は夫婦とワンちゃん1匹。説明終了後にユニット決めが行われ、ぼくはI&F先生のユニットに決まる。1週間がんばろう。

夕飯はMMコンビとタイ料理を食べる。ひさびさにトムヤンクンを食べたけど、やっぱり辛かった。お腹がごろごろする。
[PR]
by tzib | 2005-08-29 23:17 | orbit
昭和住宅メモリー
c0028405_1156457.jpg
昭和住宅メモリー』を読んだ。最近読んだ建築雑誌の中ではいちばんよかった。エクスナレッジの雑誌は、かゆいところに手が届くというか、専門誌との境界線が絶妙にコントロールされていて、そのバランス感覚がとてもおもしろい。掲載された写真がそれを顕著に表している。

特集は表題通り、住宅の「記憶」について。個人的に「KIKIの阿佐ヶ谷住宅訪問」が興味深かった。そこを撮るのか、みたいな。ページをめくるたびに、記憶と公共性/保存と再生についてじっくり考えさせられる。記憶が共有される、公共性を持ち得る住宅というのは、ありそうで少ないのかもしれない。どうでもいいけど「私の家」の写真はこれくらいのサイズで観るのがちょうどいい、とも思った。
[PR]
by tzib | 2005-08-27 23:19 | resource
個展/風の歌を聴け/ブレードランナー
c0028405_2142811.jpg
新宿に祖父の個展を見に行く。会場にはすでに親戚の面々が待っていた。遅刻したことを謝り、祖母の解説付きでざっと作品を鑑賞する。ネコちゃんの新作がかわいかった。独特の曲線と軽やかな色使いは、祖父の人柄をそのまま表している。その後、新宿プリンスホテルで昼食。Rおばさんから、Kおじさんのお話をいろいろ伺う。「50年連れ添ってもわからないことがあるのよ」とおっしゃっていたRおばさんの顔は、とても静かでおだやかな顔だった。Kおじさんには、ご存命中にもっとお話を聞いてみたかったと思った。

夜は缶ビールを片手に『風の歌を聴け』を読み返す。「文章をかくという作業は、とりもなおさず自分と自分をとりまく事物との距離を確認することである。必要なものは感性ではなく、ものさしだ。」という箇所がすごく好きだ。ぼくもものさしを片手に恐る恐る、そして少しずつまわりを眺め始めている。

また、昨日読み終わった『篠原一男経由 東京発東京論』の中に、「リドリー・スコット描く未来世界『ブレードランナー』の舞台にロサンゼルスと東京が取り上げられたのは、単にエキゾティシズムとフューチャーをすり替えるために選ばれた東京では無かったろうし、撮影の都合上選ばれたロサンゼルスでは無かったろうと推測される。それは未知の世界を、未来の可能性を包容できる場として必然的に選ばれた都市であったのではないだろうか。」という箇所があって、その影響で『ブレードランナー』を鑑賞した。何度観てもやるせなくなる映画だ。『ブレードランナー』の情景にはどことなく懐かしさを感じるが、ぼくにとっては『AKIRA』や『GHOST IN THE SHELL』の方がより懐かしい。どの映画も未来を描いたはずなのにおかしい話だけど。映画を観ながら、サイバーパンクの荒んだ風景へ抱いていた憧憬が、少し違った感情になっていることに気づく。

最後の雨のシーンでは、『ブラックマジック』の「科学は道具だ。人間を越える事はできない」という台詞と『イノセンス』の「人間は、なぜ自分の似姿を、それもその理想型において創造しようとするのか」という台詞をいやでも思い出す。レプリカントと人間の違いは一体どこにあるのだろうか?
[PR]
by tzib | 2005-08-26 23:20 | resource
篠原一男経由 東京発東京論
c0028405_1355377.jpg
篠原一男経由 東京発東京論』を読了。「建築家の数だけ都市がある間は都市は虚像に過ぎない」と言い切る篠原一男はとてもクールだ。東京という客観的な事実を検証していくためには、常に現実にのみ即していくしかないのだろうか?

「現代の多様で電子的な人間活動と、区画整理された地区や美観統制された都市は補完関係ではない。とすれば、グリッドや美観は誰の欲望なのだろうか?アンリアルな単純系都市とリアルな複雑系都市の二項対立は、高度情報化社会の枠組みで、もはや建築家の欲望の大小でしかないかもしれない。」

「多くの西洋建築家が東京には秩序があるという。私は、秩序というよりもむしろ自由市場経済の原則に近いものではないかと思う。(中略)『むしろ、等質性と異質性とが交錯する在り方こそが、今日の空間を現にあるようなものにしている』。」

電子的な物流が、国の概念にとって変わったとき、都市は、人々が集まる場所として役割を専念できるのです。これからの都市はまるで中世の都市のように、まさに人々が集まって生活をする場所になっていくでしょう。」

それ(無秩序)は、部分的な『秩序』において相互間の調和が失われた状態を指す。『無秩序』な状態における関係性は、たまたまある関係性を持っているに過ぎず、全く別であっても不自然ではない。秩序ある関係性は統合的な原理に基づいており、『無秩序』にはそういった要素が欠けている。しかしながら、無秩序な関係を作り上げている各々の要素は、相互間では何らかの秩序のある関係を確立する。なぜなら、それがなければ『無秩序』によって乱される対象すら存在しなくなってしまうからである。」

現代社会というもの、現代技術というものをむこうにまわして格闘する気がなければ、今日の装飾空間(オーナメント・スペース)の創造はむずかしい。東照宮は、好き嫌いは別にして、その時代の精神と技術とが動員された装飾空間であることをあらためて認める必要があろう。」

「私の見るところ、都心も郊外も、自己と他の間にある関係のもち方として根底に流れているのは同質である。つまり、自己の原理のみに従ってつくられているという点であり、郊外に発生するこの『ギャップ』にも、都心に発生する『異化』にも、共通した異種のエネルギーの衝突を私は感じる。」
[PR]
by tzib | 2005-08-25 23:21 | resource
星になった少年
ゆりかもめに揺られてお台場へ。ゆりかもめはやっぱりおもしろい。夏休みということもあってか、電車はかなり混雑していた。乗っていた人はほとんど「お台場冒険王」に向かった模様。

映画までの待ち時間に、e-comに試乗する。思ったより静かで快適だった。まるで動く個室。エンジン音がどれだけうるさいのかよくわかる。ついでにトヨタユニバーサルデザインショールームにも足を運んだ。惹かれる展示がいろいろあったけど、特に「違和感テラス」が印象に残った。たとえかたちがおもしろくても、身体を置き去りにしたイスはもはやイスではないのだ。『星になった少年』は三度泣けて、さらにもう一度泣ける作品。柳楽優弥の眼力と、何より声がすごいと思った。今度『誰も知らない』も観てみよう。

コオロギの声に耳を澄ませながら、お台場海浜公園を通って帰宅。シティライトに息を飲む。海風は少しひんやりしていて、セミの声はもう聴こえなかった。秋の気配が少しずつ近づいてきている。
[PR]
by tzib | 2005-08-24 23:22 | resource
やなぎみわ/清家清/佐藤雅彦
c0028405_0472594.jpg
午後から原美術館へ。やなぎみわの「無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語」展を見に行く。やなぎみわの作品からは、深い風の音が聴こえてくる。次に「図面に見る清家清の世界」展を見に建築博物館へ向かう。生図面にしばし見入ったあと、松下電工汐留ミュージアムへ。「建築家・清家清展 <私の家>から50年」を鑑賞する。何よりも「私の家」の原寸大模型がよかった。清家清の建築はやはり住宅に限る。少しゆっくりしたあと、銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーに向かう。「佐藤雅彦研究室展」を鑑賞。なぜだかおしくらまんじゅうになるくらいの人がいたので、流し見ですぐに出てしまう。帰り際に月光荘に寄って、スケッチブックを物色。運良く「白ブック」を発見したので、すぐさま購入する。ついでに伊東屋にも寄り、名刺用の紙を探す。こちらは運悪くというか、思っていたような紙を見つけることができなかった。残念。雨がひどくなってきたので、急いで帰宅する。今日は足と眼がすごく疲れた。
[PR]
by tzib | 2005-08-23 23:23 | art/design
旅行打ち合わせ
夕方からサークルの旅行の打ち合わせ。「福岡アイランドシティ中央公園」が旅の目玉になりそうだ。旅行の計画を立てるのは、どうしてこんなに楽しいのだろうかと思う。夜はバナナちゃんの誕生会を兼ねて、大臣&アッキーとささやかな夕食会を催す。誕生日おめでとうございました。4人の意外な共通点が明らかになる。
[PR]
by tzib | 2005-08-22 22:22 | orbit
奇想遺産
c0028405_21535084.jpg
朝日新聞の日曜版で連載されている「奇想遺産」を毎週楽しみにしています。ご存知の方は多いだろうけど、この連載は世界中の珍しい建築物を、藤森照信、鈴木博之、隈研吾、松葉一清が毎週持ち回りで特集していて、建築を知る知らないにかかわらず、どなたでも大変楽しめる内容になっています。今週は松葉一清の「ポルト・ドーフィーヌ地下鉄駅出入口」。まだ読んでいない方は、バックナンバー(3ヶ月分)が公開されているのでぜひ読んでみてください。

新建築今月号のエッセイで、建築史無用論への批判文が掲載されていたけど、ぼくも建築史はやはり重要だと思います。未来について考えることは、同時に過去についても考えることなのではないかと、最近よく考えます。

»奇想遺産
[PR]
by tzib | 2005-08-21 20:59 | resource
ページトップ