tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
「美術と建築のあいだ」シンポジウム
午後から「美術と建築のあいだ」シンポジウムを聴きにいく。パネリストは五十嵐太郎、暮沢剛巳、彦坂尚嘉、南泰裕の4氏。

トップバッターは五十嵐太郎氏。五十嵐氏は建築→美術の視点で、<共同>、<造形>、<現象>、<自作>という4つのキーワードをもとにレクチャーを進行。<共同>では、磯崎新と荒川修作、谷口吉生とダニエル・ビュレンなどの関係を論じながら、米田明の『ポストミニマリズムが現代建築に示唆するもの』(建築文化94年4月号)を引き合いに出し、美術と建築の関係を分析。<造形>では、現代美術から造形的な影響を受けたと思われるアルド・ロッシ、ドミニク・ペロー、ゲーリー、コープ・ ヒンメンブラウなどの作品を紹介。<現象>では、<造形>と同じように現象的な部分で影響を受けた作品の紹介。「光と色」では、ジェームズ・タレルと妹島和世「梅林の家」&バラガン、「オプアート的な視覚世界」では、ブリジット・ライリーと青木淳、「視覚的なパビリオン」では、ダン・グレアムと妹島和世「鬼石多目的ホール」。<自作>で、アート的な要素が多い作品を紹介。東京に現存する建築以下・家具以上の建物を紹介したアトリエ・ワン『ペット・アーキテクチャー』、「リムジン屋台」、中村政人の「セキスイハイムM1」など。最後に<異なること>というキーワードで、展覧会、美術館批判、アルマジロ人間の問題などに触れるが、時間切れであえなく終了。

代わって南泰裕氏のレクチャーがはじまる。南氏は、美術と建築という問題をずらし、補助線を引くという意味を込めて「2次元と3次元のあいだ」というタイトルでロシア構成主義の話題を中心にレクチャーを進行。抽象化の行きつく先には何が残るのか、アートが純粋・自律的なのに対し、建築は社会的な産物であり、コントロールできないものを含む存在であり、「還元できない」。絵画を絵画たらしめているのは「フラットネス」だが、建築は「立体的」かといえばそうではないだろう、2次元→3次元は跳躍から落胆だが、リベスキンドやザハは逆転しているなど。最後に越後妻有トリエンナーレの「空家プロジェクト」を美術と建築の交差点と紹介し終了。

レクチャー後に彦坂氏から「建築は実現されたものが本流なのか。それともドローイングや理念や思想がそうなのか?」という質問があり、その質問に対し五十嵐氏は「歴史を語る上ではどちらも重要」と答え、南氏は「コンペなどは実現案の裏に膨大な数の案が埋もれている」と答える場面があった。彦坂氏はそれらの答えを受け、「建築は建たないものを膨大につくっている。美術もそうである。美術史的にいえば、つくればいいということではないのだ。膨大につくられるものなど捨てられていく。そこでいう制作とはいったい何なのか。」と発言。

次は彦坂氏のレクチャー。70年代の初期の作品から、現在までの作品を時系列的に紹介。とくに興味深かったのは、部屋中にラテックスをぶちまけ、その乾くと透明になる特性を活かしながら、部屋が徐々に透明化していく様子を表現した作品。時間の変化と床の二重性が視覚化していてとてもエキサイティングだった。

レクチャー終了後は、三者と暮沢剛巳氏を交えた対談が開かれる。とくに盛り上がったのは、建築家の設計した美術館への問題について。アーティストと建築家という、美術館という空間をつかう側とつくる側の生の意見の交換というのは、非常にリアルで興味深いやり取りだった。その中で、南氏の「使いにくい、ということはつくることではじめてわかることだ。建築家は機能を収めることはできるし、その先で勝負しようとしている。一方ばかり攻めるのはフェアじゃない」という意見があったが、まったくその通りだと思った。対談終了後は、そのまま懇親会へ移行。ワインを飲みながら、幾つか顔見知りの方にあいさつし、学校に戻る。
[PR]
by tzib | 2006-06-24 23:24 | architecture
AFG打ち合わせ
c0028405_2585465.jpg
夕方より代官山のAFGにて打ち合わせ。展覧会用の模型チェックなど。各学校の模型がずらっと並び、なかなか迫力があった。残りあと1ヶ月。
[PR]
by tzib | 2006-06-22 23:22 | orbit
植田実の住宅講義
c0028405_037811.gif
夕方からNU建築フォーラムに参加。テーマは「植田実の住宅講義 建築家の自邸から住宅史を考える」で、講師は植田実さん。モデレーターは佐藤光彦先生。

まずは光彦先生による植田実の紹介から。植田さんは、1968年に『都市住宅』(鹿島出版会)という伝説までになった建築誌を立ち上げ、1976年まで編集長を務めた建築ジャーナリストで、最近では、『住まい学大系』の編集長や建築批評家としてご活躍されている。2003年にはその功績が再評価され、日本建築学会賞を受賞した。「日本建築大賞2005」の審査員を務めたのも記憶に新しい。

植田さんの講義は、「80〜90年前からの日本の建築家自邸に限定した『住宅史』は、一般的な建築史の文脈とはかなり異なるが、それでも世界的にかなり特異な現象だと思う。」という発言からはじまった。今回の講義で取り上げる建築家はおよそ40人ちかくで、講義はかれらの自邸を時系列で順に追っていくという構成。

まずは、ヴォーリズ、レーモンドなどの自邸などを皮切りに、藤井厚二や吉田五十八など、戦前の建築家の自邸を中心にレクチャーがはじまった。戦前シリーズで印象的だったのは、土浦亀城と山口文象の自邸。

中盤は戦後に時代を移し、イームズやミース、フィリップ・ジョンソンの自邸を取り上げながら、「欧米人は他人の家でもどんどん実験的な試みをするが、自邸はあくまで趣味的だったり、箱庭的な世界観だったりと、大しておもしろくない」、「日本人の自邸は逆にそうではない。なぜなのか?」という批評からはじまる。確かに、広瀬鎌二「SH-1」、増沢洵「最小限住居」、池辺陽「No.17」、清家清「私の家」、吉阪隆正、吉村順三、菊竹清訓「スカイハウス」、東孝光「塔の家」と続く一連の作品群からは、叫びにも似たような何か圧倒的な力を感じた。 それはどの作品が、というわけではなく、これらの作品が直列に並んだときにはじめて感じる力だった。植田さんは「これらの作品は家族がどうあるべきか、あるいは環境とどうあるべきか、さまざまな試みがなされている」と評していたが、もちろんそれもあるだろうけど、ぼくはむしろ、その背後に想像される、かれらを突き動かしていた戦後の得体の知れない時代の力に衝撃を受け、畏怖の念さえ生じてしまった。もしかしたら憧れもあるかもしれないが。

後半は、現代までの作品群。六画鬼丈、原広司、安藤忠雄、鯨井勇、石井修、伊東豊雄、山本理顕…などなど。講演会の最後は、パラディオのヴィラとヴィラ・アドリアーナを挙げ、『市民ケーン』のビー玉を例に挙げながら、「自分の家というバイアスは、建築家に過去・記憶などが働きかけ、そこには住宅の歴史が浮かび上がる」と締めくくり、満場の拍手の中幕を閉じた。
[PR]
by tzib | 2006-06-21 23:21 | architecture
見本帖本店
c0028405_17571664.jpg
所用で神田にある「竹尾・見本帖本店」へ。このお店では、「竹尾の常備在庫品のうち350銘柄(3000種類)の紙が色のグラデーション別に一覧でき(HPより)」る。色見本帳がそのまま空間化したようなお店。設計は西沢立衛建築設計事務所

c0028405_1822100.jpg
「透明ガラスによって、外部に開かれた内部空間は白を基調に統一されており、展示されている鮮やかな洋紙がこの白の空間に対するアクセントとなっている。内壁はアクリル製の洋紙棚で敷き詰められ、そのそれぞれにアドレスが与えられていることで、用紙の検索とストックの空間分離が明快になっている。(10+1WEB)より」

2Fは展示・打ち合わせスペースになっていて、木材が多彩に使われた非常におおらかな空間になっている。1Fの抽象的な印象とのコントラストがおもしろい。しかし、学校の近所にこんなお店があったとは…今後はどんどん活用していこう。
[PR]
by tzib | 2006-06-19 23:19 | architecture
06/12〜16
c0028405_4574838.jpg

06/12 渋谷にて打ち合わせ。街中がW杯一色。
06/14 代官山にて打ち合わせ。開催が目前に差し迫り、事務所内は騒然とした雰囲気だった。
06/16 全体ゼミで修士設計の発表。ドロップキックをくらい、1RTKO。

建築における「日本的なもの」』、『学校をつくろう!』、『順列都市』、『建築のはじまりに向かって』などを読了。ひさびさに磯崎本を読んだが、この本は評判通りとてもおもしろかった。グレッグ・イーガンの圧倒的なギミックには、いささか食傷気味に。でも、慣れてきたら快感になっていくのだろう。
[PR]
by tzib | 2006-06-17 23:17 | resource
カルティエ現代美術財団コレクション展
c0028405_4171674.jpg
午後から東京都現代美術館へ。サークルのイベントで、後輩たちとともに「カルティエ現代美術財団コレクション展」を鑑賞する。雨のせいなのか、館内はそれほど混んでいなかった。

本日最大のお目当てだった、Ron Mueckの《イン・ベッド》は、やはり圧巻だった。その異質さは語るまでもないが、その「大きさ」は空間全体の在り方?に決定的な支配をもたらしていた。巨大な人間を取り巻く普通サイズの鑑賞者たちは、もはや鑑賞者としての位置が揺らいでしまい、アートの一部というか、環境の一要素として取り込まれてしまっている。そこで生まれる両者のコミュニケーションは、何か得体の知れないものを生み出していると錯覚させるような、とてつもないエネルギーを秘めている。実に不思議な体験だった。

他にも、Dennis Oppenheimの永久に噛み合ない会話や、森山大道の写真、Bodys Isek Kingelezのミニチュア都市模型やSarah Szeのマチエール、Beaurin Domercqのかわいいオブジェなどが印象に残る。

観賞後はみんなで地下のレストランに移動し、感想を語りながらご飯を食べる。その後、解散。
[PR]
by tzib | 2006-06-10 23:10 | art/design
南泰裕+彦坂尚嘉2人展
c0028405_5201915.jpg
先々週よりお手伝いしていた「ギャラリー手」での展覧会の設営が完了。いろいろと得難く貴重な経験ができました。関係者のみなさまには感謝します。

以下、展覧会の告知です。おもしろい展覧会なので、ぜひ1度足を運んでみてください。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

南泰裕+彦坂尚嘉2人展

■美術と建築のあいだ■ 
美術の中の建築/建築における美術的なもの

会期:6月12日(月)〜7月1日(土)
(日曜休み)
時間:11時〜19時、入場無料
会場:ギャラリー手(東京都中央区京橋3-5-3)
http://www2.odn.ne.jp/~acn80550/
tel.03-3538-6131

●《大地の芸術祭》越後妻有アートトリエンナーレに南泰裕・彦坂尚嘉が参加している関連企画
7月23日〜9月10日
http://www.echigo-tsumari.jp/
………………………………………………………
主催・アートスタディーズ実行委員会
後援・NPO法人にっぽんmuseum
後援・大地の芸術祭実行委員会

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[PR]
by tzib | 2006-06-07 23:07 | architecture
ダ・ヴィンチ・コード/アリオ亀有
c0028405_3354896.jpg
午後から亀有へ。街の散策と、映画『ダ・ヴィンチ・コード』を鑑賞。

とりあえず、駅前にある例の派出所と例のお巡りさんの銅像を見学したあと、商店街を散策。昨日放映された「出没!アド街ック天国」の影響なのか、商店街は人でごった返していて、歩くのもままならないほどの混み様だった。商店街をひととおり満喫したあとは、完成したばかりのアリオ亀有へ向かう。こちらも、見渡す限りの人・人・人でちょっとびっくり。人でできているランドスケープというのか、その光景は街中の人が全員来ているんじゃないかと信じたくなるくらい、すさまじい光景だった。店内を一周したあとは、「東京でいちばん新しい」というふれこみのシネコンで、映画『ダ・ヴィンチ・コード』を鑑賞。酷評ばかりが耳に入っていたので内容にはそれほど期待していなかったけど、観るに耐えれないというほどではなかった(映画の途中で寝てしまったけど)。この映画は、あくまで娯楽作品なのだ。観賞後は、香取神社でお参りをして帰宅。
[PR]
by tzib | 2006-06-04 23:04 | resource
ページトップ