tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
石上純也講演会
レモン&イソベと品川で待ち合わせ、夕方からTN プローブ・石上純也講演会を聴きに行く。インタビュアーは五十嵐太郎氏。石上氏には個人の実作がひとつもないのだけど、会場には学生や若い世代を中心に500名以上の人が集まったそうで、その様子は彼に向けられている関心の大きさをそのまま物語っていた。

会場の熱気はむんむんで、まるでちょっとしたライブ・ハウスにいるかのようだった。会場内のボルテージは講演の開始時間が近づくにつれどんどん増していき、石上氏が五十嵐氏に連れられて壇上に現れたときには、もはや爆発寸前までに達していた。もしも、石上氏が開口一番、観客席に向かって拳を突き上げていたなら、会場には割れんばかりの怒号が渦巻いたことだと思う。

講演会は、石上氏の修士設計である「光の研究」からはじまった。これは「本当に透明なものとは?」という研究で、ガラスが持つような「透明度」ではなく、「透明性=なにもないこと」を問題にしていて、光の対流が生み出す光と闇の境界により空間を分節化していくという内容だった(詳しくは『卒業設計で考えたこと。そしていま〈2〉』を参照)。その中で驚いたことは、その透明な境界が鑑賞者の位置によって相対的に変化していくということだった。それは、ひとつの建築の中に無数の異なる空間が同時に存在し、ある秩序(構造?)を形成しているということ。つまり、空間が先験的に存在してそこに観測者の視点が設定されるのではなく、観測者の視点があって空間が存在し、しかもそれは観測者の運動の中において発生していくことを意味している。五十嵐氏の「建築の問題提起・前提条件の在り方が近代と異なっている」という指摘は、まさにその通りである。講演会の冒頭から何か透明なトンカチで後頭部をがつーんと激しくぶたれたような衝撃を受ける。

その後は、厚さ3mmの「レストランのテーブル」や、キリンアート2005に出品した「テーブル」、霧を使って建築の中を風景化するというレクサスのインスタレーションや、そこで用いた発砲スチロールの家具、月島の長屋プロジェクト、つくばスタイルコンペ案、TEPCOコンペ案、ホテルの改修計画、神奈川工科大の工房、Yoji YAMAMOTOのNY店の計画案と続いていく。

講演会の中で印象的だったのは、石上氏が「今わかっていることは」というフレーズを頻繁に用いていたことだった。それは、最初にある目標を設定して設計を進めていくという従来のやり方ではなく、他人はもとより本人でもわからないことをひたすら追い求めていくというボトムアップ的なつくり方を暗にほのめかしている、といえるのではないだろうか。その先に、今までの言語では語ることができないような新たな建築の地平が広がっているのかは、よくわからない。ただ、今回の講演会でひとつわかった確かなことは、石上氏は確かにアート寄りに見えなくもない表現を用いているが、決してアートをつくっているのではなく、あくまで建築をつくろうとしているということだった。石上氏の設計態度は、個人の表現ではなく、あくまで社会に向けられた表現であった。言うまでもなく、そこには決定的な差がある。

もうひとつ印象に残ったのは、神奈川工科大の工房のプランの決定方法をめぐる質疑の中で、石上氏が「フラットバーを配置していく中で方向性はある、発見しつつあるが、それはゴールへの方向性ではない。ゴールを設定してそこに向かっていくつくり方ではない。ループを繰り返してその中で何かを磨き上げていく。ループはループに近づけば近づくほどよい。」という発言をした場面だった。思考のループ化。それはいわゆる「どうどう巡り」と言われて通常はネガティブに捉えられるものだが、石上氏はむしろループ化する方がいいと述べている。思考の時間軸が円環状になったときには一体何が起きるのだろうか。円環状の時間を考えるとき、「流れる今」をイメージすることは無意味になる。初期条件を設定し、線形的に発展していく古典論的な手法は、円環状の時間に対しては修正を余儀なくされてしまう。いわゆる近代的なもののつくり方ではないのだ。それはいったいどういうことなのだろうか?また、単なることばの揚げ足取りに過ぎないのだけど、そのループの外側や内側には何が存在するのか?そのループのモーメントはどこに向かって進行しているのか?あるいは、石上氏が「拠って立つ場所」は一体どこなのか?などなど、さまざまなことが頭の中に浮かんでは消えていった。それは講演会が終わってここに文章を書いている現在においても、答えは見つかっていない。
[PR]
by tzib | 2006-08-31 23:31 | architecture
ゼミ合宿
c0028405_16404680.jpg
08/29-30 1泊2日でゼミ合宿。今年はI研と合同。4年生のがんばりにより、貸し切りバス、研究室ポロシャツ、ホテルなどなど、今まででいちばん充実した合宿となった。1日目は、ちょっ蔵広場→那珂川町馬頭広重美術館大谷資料館→鬼怒川ホテル→修士発表会→大宴会。2日目は、富弘美術館太田市立沢野中央小学校→太田市総合ふれあいセンター。
c0028405_16512796.jpg
ちょっ蔵広場。大谷石の外壁と屋根。
c0028405_16515069.jpg
内観
c0028405_16523262.jpg
内観2
c0028405_16525353.jpg
隅のディテール
c0028405_16532929.jpg
ホール外観
c0028405_16535250.jpg
ホール内観
c0028405_16541798.jpg
スチールの構造
c0028405_16545726.jpg
グリーンシェルター
c0028405_16551945.jpg
CGのようですごく不思議だ。
c0028405_16594412.jpg
個人的には蔵よりこちらの方が印象深かった。
c0028405_1714786.jpg
馬頭広重美術館
c0028405_1721451.jpg
アプローチ
c0028405_1733012.jpg
外観
c0028405_1734557.jpg
スリット
c0028405_1742179.jpg
軒下
c0028405_1743760.jpg
エントランスホール
c0028405_175380.jpg
大谷資料館
c0028405_1752376.jpg
圧倒的なスケール
c0028405_1755343.jpg
巨大な柱
c0028405_1772860.jpg
内部
c0028405_1791338.jpg
内部2
c0028405_1794437.jpg
内部3
c0028405_17101883.jpg
沢野中央小学校
c0028405_17104325.jpg
メディアコリドー
c0028405_17111436.jpg
ホール
c0028405_17113395.jpg
体育館
c0028405_17114952.jpg
教室入口
c0028405_17121046.jpg
昇降口はなく、生徒は各教室に直接アクセスする。
c0028405_1712514.jpg
教室
c0028405_17131052.jpg
太田市総合ふれあいセンター
c0028405_17132999.jpg
吹抜け
c0028405_1713466.jpg
吹抜け2
c0028405_1714636.jpg
中庭
[PR]
by tzib | 2006-08-30 23:30 | orbit
帰省
c0028405_2243644.jpg
08/19-24 実家に帰省。写真は実家近くの海岸。飲み会の席で、ある友人と16年ぶりの再会を果たす。飲みながら話すうちに、頭の奥底の方に眠っていた記憶がどんどん掘り出され、忘れかけていた光景が次々に思い出されてきた。ひとつの記憶が発掘されるごとに、それに関連する記憶も掘り返されていく。断片的であった情景が、鮮明な映像となって目の前にありありと浮かんでくる。何とも言えない感動だった。たまにはこういう点検作業も重要なのだと思った。
[PR]
by tzib | 2006-08-25 23:25 | orbit
ヒルズ黙示録
c0028405_2444716.jpg
ヒルズ黙示録—検証・ライブドア」を読了。「海辺のカフカ」で大島さんが<うつろな人間たち>について語るくだりを思い出す。
「でもね、田村カフカくん、これだけは覚えておいたほうがいい。結局のところ、佐伯さんの幼なじみの恋人を殺してしまったのも、そういった連中なんだ。想像力を欠いた狭量さ、非寛容さ。ひとり歩きするテーゼ、空疎な用語、簒奪された理想、硬直したシステム。僕にとってほんとうに怖いのはそういうものだ。僕はそういうものを心から恐れ憎む。なにが正しいか正しくないか—もちろんそれもとても重要な問題だ。しかしそのような個別的な判断の過ちは、多くの場合、あとになって訂正できなくはない。過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取りかえしはつく。しかし想像力を欠いた狭量さや非寛容さは寄生虫と同じなんだ。宿主を変え、かたちを変えてどこまでもつづく。そこに救いはない。」

[PR]
by tzib | 2006-08-22 23:22 | resource
四国旅行・第4日目
c0028405_1492787.jpg
旅行最終日。半分眠りながら朝食を食べ、旅館をあとにする。天気はくもり。どうやら台風はそれたみたいだ。一路、四国村に向かう。

c0028405_1523713.jpg
風鈴をたどりながら、ゆっくりと散策。四国村とは、四国各地から移築された民家33棟が、当時のままの姿で村のあちこちに展示されているという屋外型の民家博物館だ。

c0028405_1533479.jpg
鐘楼。無人の民家を訪ねて歩くのだけど、何だか不思議な気分だ。

c0028405_1585031.jpg
吉野家住宅にあった「おおたこつぼ」。

c0028405_2009.jpg
旧前田家土蔵。周囲の壁面に3段の水切りがついているが、これは単なる趣味的な装飾ではなく、横なぐりの雨水が壁面をいためるのを防ぐ役割を果たしているらしい。ふむふむ。

c0028405_233526.jpg
醤油蔵と麹室。

c0028405_243310.jpg
醤油を入れる壷。

c0028405_252898.jpg
蔵内部。

c0028405_26717.jpg
カイコの蔵。

c0028405_28535.jpg
砂糖しめ小屋。

c0028405_284096.jpg
小屋の屋根組。

c0028405_29422.jpg
四国村ギャラリー。

c0028405_293761.jpg
設計は安藤忠雄。

c0028405_21026.jpg
内観。

c0028405_2103026.jpg
内観・その2

c0028405_2105797.jpg
茶堂に続く竹やぶ。足下にはちょこちょこ竹の子が生えていた。

c0028405_212032.jpg
茶堂。

c0028405_2122552.jpg
中石屋住宅と泉と滝。見学後は「うどんのわら家」でうどんを食べ、高松駅に戻る。数人新幹線に乗り遅れるというアクシデントがあったものの、何とかみんな無事に東京到着。疲れたが、充実した旅行だった。みなさんおつかれさまでした。
[PR]
by tzib | 2006-08-18 23:18 | orbit
四国旅行・第3日目
c0028405_195957.jpg
旅行3日目。眠い目をこすりながら、朝7時に起床。朝風呂に入ってアルコールを抜き、無理矢理朝食を食べる。9時前に淡路方面に出発。台風の影響で、天気は不安定だ。目指すは淡路夢舞台

c0028405_1125839.jpg
展望テラス。

c0028405_1162473.jpg
回廊。

c0028405_117329.jpg
回廊にあったコンクリートのベンチ。

c0028405_1173877.jpg
楕円フォーラムへと続く通路。

c0028405_1184598.jpg
楕円フォーラム。

c0028405_119182.jpg
百段苑へと続く水階段。

c0028405_1201485.jpg
エレベーターシャフト。
c0028405_1212674.jpg
百段苑。

c0028405_1215614.jpg
海を一望。

c0028405_122507.jpg
野外劇場。

c0028405_1232619.jpg
テラス入口。

c0028405_1243780.jpg
見学後、淡路島を散策する。温泉などを物色。サウナ我慢大会で気絶しそうになる。夜は花火大会。ぼろぼろになるまで飲み、明け方眠りにつく。
[PR]
by tzib | 2006-08-17 23:17 | orbit
四国旅行・第2日目
四国旅行2日目。朝食を食べたあと、一路、鳴門公園「渦の道」へ。台風の影響か、今日も蒸し暑い。

c0028405_19143840.jpg
大鳴門橋。

c0028405_1915685.jpg
車道の下の遊歩道。全長450m。

c0028405_19152235.jpg
遊歩道にはガラス床がはめ込まれていて、うず潮を真上から見ることができる。高いところは苦手なので、かなりびびる。

c0028405_19153533.jpg
チビうず潮。今日はうずの調子が悪い日らしく、小さなうずしか見ることができなかった。

c0028405_19171373.jpg
昼食後、大塚国際美術館へ。美術館というよりは、世界の美術史入門・立体版というような建物だ。とにかく広くて大きい。ここまで徹底していると、もはや感動すら覚える。詳しくはHPを参照。写真は、システィーナ礼拝堂壁画。

c0028405_19172652.jpg
センターホール。

c0028405_19173935.jpg
地下2階への階段。

c0028405_19175416.jpg
中庭。

c0028405_1918736.jpg
屋外展示場。

c0028405_19182232.jpg
モネの大睡蓮。

c0028405_19183687.jpg
最後の晩餐。

c0028405_191945100.jpg
1F展示場。

c0028405_1920621.jpg
屋上庭園。

c0028405_19202183.jpg
夕方、近藤内科病院へ。院長先生に急な訪問をお詫びし、建物内部見学の許可をいただく。突然の訪問にも関わらず、気さくに応じてくれた。ありがとうございました。

c0028405_1921454.jpg
カフェ・コーナー。

c0028405_19212280.jpg
2階廊下。

c0028405_19214449.jpg
検診スペース。

c0028405_1922112.jpg
検診室廊下
c0028405_1922212.jpg

デイ・コーナー。

c0028405_19223818.jpg
2階テラス。

c0028405_19225315.jpg
3階廊下。

c0028405_19231093.jpg
3階中庭。
c0028405_19232734.jpg
1階ラウンジ。

c0028405_19305665.jpg
1階ラウンジ・その2。見学後、食材やお酒をたっぷり買って今日の宿へと向かう。夜中までみんなでわいわい騒ぐ。2日目にして、かなり体力を消耗。10代のパワーはつくづくすごいと思いしらされた。
[PR]
by tzib | 2006-08-16 23:16 | orbit
四国旅行・第1日目

今日からサークル夏旅行に参加。香川県を中心に、16人で3泊4日の建築巡礼。2年生の参加者が多く、何だかとても若返った気がする。1日目は新幹線で高松へ向かい、レンタカーで香川市を中心に回る。

c0028405_1627374.jpg
香川県庁舎。

c0028405_162839.jpg
雲ひとつない快晴に恵まれる。

c0028405_16285570.jpg
テラス。

c0028405_16294364.jpg
雨どい。

c0028405_16302081.jpg
ロビー内観。
c0028405_1630564.jpg
香川県立体育館

c0028405_16324392.jpg
正面。

c0028405_16331738.jpg
エントランス。

c0028405_16334982.jpg
ロビー。

c0028405_16342358.jpg
雨どい。

c0028405_1634491.jpg
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館。

c0028405_16354086.jpg
ファサード。

c0028405_16362582.jpg
ゲートプラザ。思わず誘い込まれてしまうような圧倒的スケール。

c0028405_1637137.jpg
けれど、威圧感はほとんど感じさせない静閑なたたずまいだ。日本刀みたい。

c0028405_16395557.jpg
エントランス。

c0028405_16402750.jpg
エントランス見上げ。

c0028405_1641216.jpg
エントランスホール。

c0028405_16413536.jpg
エントランスホール吹き抜け。

c0028405_1642394.jpg
展示室A。

c0028405_1643143.jpg
展示室A2。

c0028405_16442094.jpg
展示室B。

c0028405_164458100.jpg
展示室B2。
c0028405_16423550.jpg
展示室B3。

c0028405_16452443.jpg
展示室C。

c0028405_16461421.jpg
空中廊下。

c0028405_16464114.jpg
2階踊り場。

c0028405_16561945.jpg
カスケートプラザ・エントランス。

c0028405_16565252.jpg
カスケートプラザ。

c0028405_165721100.jpg
美術館と「須田悦弘展」見学後は、宿にチェックインし街を散策。手頃な居酒屋を見つけて夕飯を済ませ、宿に帰った後は延々と飲み会。移動の疲れで3時頃ダウン。
[PR]
by tzib | 2006-08-15 23:18 | orbit
新宿散策
c0028405_157424.jpg
午後から新宿のTOTOスーパースペースへ。トイレの歴史を見学し、おみやげに便器ストラップをもらう。その後、ワイアードカフェで一服し、都庁の展望台へ。
c0028405_15123259.jpg
夕暮れの新宿を一望。
c0028405_15131931.jpg
夕焼けと街灯りの混在するこの瞬間が、都市の時間帯でいちばん美しい。観賞後は、麺屋武蔵でラーメンの夕食。今まで食べた醤油ラーメンではいちばんおいしかったけど、ぼくはこってりな味が好きなので、そこまで感動はできなかった。ラーメンはやっぱりとんこつに限るなと思う。
[PR]
by tzib | 2006-08-11 23:11 | orbit
仙台旅行
c0028405_14255976.jpg
0806-07 仙台小旅行。仙台は七夕まつりの真最中で、街中にすごい活気があった。まずは杜めぐりから。瑞鳳殿や青葉城を散策。

c0028405_14301576.jpg
参道。

c0028405_14354227.jpg
瑞鳳殿。

c0028405_14365783.jpg
伊達政宗騎馬像。

c0028405_14371996.jpg

続いて七夕まつりを見学。アーケード内は歩くのもままならないほどの混み様だった。

c0028405_1439231.jpg
せんだいメディアテーク。

c0028405_1440815.jpg
チューブ1。

c0028405_14403299.jpg
チューブ2。

c0028405_14405135.jpg
松島へ。瑞巌寺本堂。

c0028405_14445466.jpg
五大堂。
c0028405_14453115.jpg
菅野美術館。

c0028405_14461989.jpg
夜の七夕まつり。

c0028405_1447562.jpg
色鮮やかな七夕飾り。

c0028405_14473022.jpg
柔らかい柱の間を、人がするするとすり抜けていく。

c0028405_14475445.jpg

[PR]
by tzib | 2006-08-08 23:08 | orbit
ページトップ