tzib
thoughts on simplicity
Top
Note:
Welcome to my weblog "tzib". This website is written only in Japanese but please take a look around. You can link to this site freely. Please only link to "http://tzib.exblog.jp/"
Thank you. *Have a good day.*
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
architecture
art/design
resource
orbit
umwelt
タグ
リンク
最新のトラックバック
ちょー気持ちいい!!
from 御座候
ちょおぉぉぉぉwwww
from 聖なる毛
JKのぶっ飛び体験記
from JK
いやはや、本当に俺は素晴..
from ネ申
フェ○○オしたーーーい!!
from MIー子
以前の記事
2008年 07月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
more...
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
空間の経験—身体から都市へ
c0028405_1652463.jpg
空間の経験—身体から都市へ』を読了。「人間にとって空間とは何か?それはどんな経験なのだろうか?また我々は場所にどのような特別の意味を与え、どのようにして空間と場所を組織だてていくのだろうか?幼児の身体から建築・都市にいたる空間の諸相を経験というキータームによって一貫して探究した本書は、空間と場所を考えるための必読図書である(『BOOK』データベースより)。」

イーフー・トゥアンは、空間(space)と場所(place)を「場所すなわち安全性であり、空間すなわち自由性である。つまり、われわれは場所に対しては愛着をもち、空間には憧れを抱いている」と説明する。全体的に難解でもう一度じっくりと読み返す必要があるが、今後のために印象的だった箇所をいくつか抜き出しておきたい。

論理的に考えれば、宇宙の中心は一つしかないはずである。しかし神話的思考では、宇宙は数多くの中心をもつことができる(ただし、そのうちの一つが他のすべての上に立つということはある)。論理的に考えれば、全体というものは部分が集まってできており、部分部分は独自の位置、構造、機能をもっている。部分は全体が機能を果たすうえで不可欠なものであるかもしれないが、しかし、部分とは全体のミニアチュアではないし、全体と等しい本質をもつものでもない。だが、神話的思考では、部分は全体を象徴し、全体がもつ力をすべてもつことができる。(p.179)

うっそうとした森林という環境では、距離はどのような意味をもつのだろうか。(中略)多雨林で生活する人びとにとっては、空間とは複数の場所がつくる目の細かな網のようなものであって、そこには全体を包括する構造は存在しないのである。同じことは、時間についてもいうことができる。(中略)時間は知覚された距離と同様に浅く奥行のないものであって、ピグミー族は、過去の系図にも未来にもあまり関心を示さないのである。(p.212)

距離は、客観的な領域に属している。ホピ族は、距離から時間を抽出することはしない。したがって、かれらにとっては同時性の問題は実在しない。(中略)距離は客観的な領域に属しているのであるが、このように、完全に客観的な領域に属しているわけではない。客観的な水平面は、観察者から遥か遠くへ延びていき、ついには、もはや細部を知ることのできなくなるところへ到達する。そこは、客観的な領域と主観的な領域が接する境界であって、比喩的な言い方をすれば、時間を超えた過去であり、神話のなかで語られる国なのである。(p.214)

また、巻末のオギュスタン・ベルクによる日本語版解説は、本書の歴史的位置づけを明らかにしているという意味で、大変興味深かった。その中で語られている「今日の我々」とは、まさしく2000年代のぼくたちのことを指し示しているのではないだろうか?

そういう両義性に迷わされないように、我々は、本書が書かれた1970年代半ばの情況を思い起こす必要がある。それは、建築や環境整備論において、近代主義に代ってポスト・モダンの台頭の時期であった。トゥアンの問題提起に翻訳すると、それはspace主義への反撥、place主義の台頭という転換期であった。いうまでもなく、均衡のとれた生活環境には空間(自由)も、場所(安全)も必要である。人間の環境には、楽園への回帰願望を叶える面も欠かせないし、逆に理想郷への道を拓く面も欠かせない。後者をもっぱら押し付けようとした近代主義に反応して、本書が前者に比重を与えたことには歴史的な当然生がある。(中略)同時に、無味乾燥な環境を産んでしまったspace主義は今日でも終焉下とはいい難いが、"place"だけを唱えると、近代都市計画が陥ったのとは対称的な行き詰まりが待っていることも、今日の我々は知っているのだ。(p.410)

[PR]
by tzib | 2006-09-20 23:20 | resource
CAt講演会
c0028405_153234100.jpg
修士設計の合間をぬって建築家フォーラムへ。講師はCAtの小嶋一浩&赤松佳珠子で、タイトルは「10年前からの手紙〜打瀬小学校から美浜打瀬小学校へ」。

10年間学校建築に関わってきた中で、「さまざまな価値観が調整することなく共存している空間」を目指していることに変わりはないが、アクティビティのシュミレーションからフルイド・ダイレクションへと、コンピューターの解析能力とともに建築デザインの手法も向上し、複雑な事象も単純さに置き換えることなく複雑なまま解けるようになった。その最たるものがホーチミン建築大学で、熱帯地方でもエアコンがいらないように風の流れをシュミレーションして配置計画を進めていき、その有機的な形態も風の流れを遮らないように必然的に決まっていったという。

目が覚めるような発言を一言も漏らさないように耳を傾けながら、教育制度とか機能とかプログラムとか、そういう部分からは少し距離をおいたところで修士設計に取り組んでみようと心を新たにする。
[PR]
by tzib | 2006-09-19 23:19 | architecture
トーキング・マップ/変型地図
c0028405_1319231.jpg
トーキング・マップ/変型地図』を読了。内容は、「『地図表象』をいわゆる地図学や地理学からではなく、プログラム論や都市論、認知科学、デザインなどからアプローチし、インターネットなどに代表される新しい環境に対する認知・理解の方法を示そうとする試み」について展開され、「空間を平面に変形することの意味と意義を地図そのものに探」っている。

「新しい環境に対する私たちの認知や理解の方法は、いまだに定まっていない。このような環境へのデザインやインタラクションは、かたちを定める前に、まず私たち自身の表象能力を引き出したり、広げたりしていくことが必要」だそうだ。興味深い内容が多いが、どれも掘り下げられてはいない。あくまで入門書。
[PR]
by tzib | 2006-09-18 23:18 | resource
根津神社御遷座三百年大祭など
0907 コンペ提出。
0908 二代目つじ田でラーメンを食べる。『禁煙セラピー』を読む。効果絶大。
0913 クリチカット。
0915 いつものお店でタイ料理を食べる。
c0028405_12394475.jpg
0917 根津神社の御遷座三百年大祭を見に行く。
c0028405_12395399.jpg
区の指定無形文化財に指定されている「三座ノ舞公演」。
c0028405_1240241.jpg
神幸祭。白くておとなしいかわいいお馬さんだった。まわりの風景とのアンバランスさがおもしろい。
c0028405_12401013.jpg
大神輿が街を巡幸していく。
c0028405_12401745.jpg
せまいカーブも難なくクリア。みなさんいい笑顔だ。
c0028405_12393490.jpg
お祭りを楽しんだあとは、上野公園まで散歩し、青葉で昼食。お腹がふくれたあとは銀座を巡る。ギャラリーやショールームなどをシラミつぶしに見ていく。
c0028405_12402669.jpg
この建物はMIKIMOTO Ginza 2。夕食?にキルフェボンのタルトを食べ、夜はラクーアの「呪いの黒髪屋敷」へ。史上最恐というふれこみ通り、泣きそうなくらい怖かった。そのときの様子を思い出してしまうので、今こうして文章を書くのもはばかられるくらいだ。しばらくお化け屋敷はごめんです。
[PR]
by tzib | 2006-09-17 23:17 | orbit
隠喩としての建築
c0028405_132240.jpg
隠喩としての建築』を読了。基本的に難解で、半分以上理解できたのか自信がない。しかしながら、後記に語られているコールハースという「現象」の歴史的な位置づけの箇所からは、文字通り目が覚めるような刺激を受けた。ぼくが今までに読んださまざまなコールハース解釈の中では、ダントツでナンバー・ワンである。

このようにコールハースは資本主義のグローバリゼーションを肯定する。しかし、それは必ずしも、彼が現実に資本主義を肯定しているからではない。むしろ、彼は資本主義に反対なのである。とはいえ、資本制経済を制御するいかなる企てにも希望をもつことはできない。その結果、彼は、資本主義的経済を加速的に発展させてそれが内部から崩壊するに至るようにする、という考えをもったように思われる。メトロポリスや建築ブーム(バブル)に対する彼の逆説的な称賛には、そのようなイロニーが隠れている。

[PR]
by tzib | 2006-09-10 23:10 | resource
東京カテドラル/ラフ
c0028405_230286.jpg
お昼過ぎに東京カテドラルへ。はじめてミサに参加する。
c0028405_2304023.jpg
だが、韓国語のミサだったので、何を言ってるのかまったくわからなかった。ただでさえはじめてのミサなのに、韓国語でしゃべられたのではとりつくしまもない。
c0028405_2305358.jpg
とりあえずまわりの人に合わせて座ったり立ったりクチパクで歌ったりする。ただ、意味はまったくわからないものの、大空間に響き渡るパイプオルガンと賛美歌のハーモニーはたいへん美しかった。
c0028405_2311348.jpg
ミサが終わったあとは、ゆっくりと館内を見学する。たくさんの人がいたときに見せる空間の表情と、人が居なくなったあとに見せる個人に向けた空間の表情は、どことなく違うものであった。けれども、どちらの表情もすごくおおらかで優しい感じがした。今さらだけど、やはり名建築だと思う。丹下健三はやっぱりすごいのだ。

見学後池袋に移動し、イルムスでウインドー・ショッピング。夕方からは、映画の「ラフ」を鑑賞。感想は「さわやか」という一言に尽きる。とりあえず一瞬で長澤まさみのファンになった。観賞後は無性にプールで泳ぎたくなったが、泳げないことを思い出して我に返る。夏ももう終わりである。
[PR]
by tzib | 2006-09-09 23:09 | orbit
越後妻有アートトリエンナーレ2006
c0028405_22302335.jpg
3–4日、Y研の有志5人組で「大地の芸術祭 -越後妻有アートトリエンナーレ2006-」鑑賞ツアーを決行する。1泊2日の強行日程だったが、それは若さで何とか克服しようというなかなかデンジャラスな小旅行だった。とりあえず3日の早朝学校に集合し、5人全員でY研ポロシャツを装着、記念写真を撮影後、クマの運転で一路、越後妻有地方に向かう。
c0028405_22303513.jpg
お昼過ぎに十日町のキナーレに到着。パスポートを購入して、さっそくレンタル・サイクルで十日町市内を散策。気温と湿度は高かったが、身体をすり抜ける風が心地よくて、まったく苦にならなかった。おそろいのポロシャツを着たよくわからない5人組が市内を疾走する様子は、はたから見ると随分奇妙な光景に映ったかもしれない。だが、当人たちはそんなことはおかまいなしに、かなりごきげんでノリ乗りな気分だった。
c0028405_22313668.jpg
レアンドロ・エルリッヒ「妻有の家」
c0028405_2231191.jpg
杉浦久子+杉浦友哉「幸(ユキ)のウチ」
c0028405_22311716.jpg
地震で倒壊した家の空き地に花のモチーフを編みこんだ白いレースが「幸(ユキ)のウチ」をつくり出す。とても美しい光景だった。あとは、栗生研の「ユキノミチ」や藤木隆明研の「水景色」、アニラ・ルビク「ミラノ−東京:往復便」、タム・ワイピン「階段」などを観て市内をあとにする。
c0028405_2232258.jpg
車で山奥に向かい、「うぶすなの家」などの空き家系や屋外に展示してあるアートを鑑賞した後、古郡弘の「胞衣 みしゃぐち」へ。土地がそのまま隆起したような原初的な家で、懐かしく力強い。家というよりは洞窟か。妖怪とか住んでそうな雰囲気だ。
c0028405_22321519.jpg
戸高千世子の「山中堤スパイラルワーク」は、今回いちばん美しいと思った作品。湖面に浮かんだ白い陶器の花が、風に揺られて周囲の樹々や水面に映る雲とさまざま距離感を取りながらゆっくりと移動している。その間に流れている静かな時間が何とも言えない。
c0028405_22322937.jpg
ドミニク・ペローの「バタフライ・パビリオン」はちょっと期待はずれだった。とにかくごつすぎる。あまりやる気が感じられなくて残念だ。あとは、ZING+DOTSU「妻有の入口」などを鑑賞し、日も暮れてきたので今日はここで終了。食材やお酒を買い込み、川西町のコテージに移動。道中にもさまざまなアートが散在していた。アトリエ・ワンのコテージは外観だけの鑑賞。夕食はバーベキューで盛り上がり、花火を打ち上げ、泊まりにきていたさまざまな人たちとお酒を酌み交わし、1日目が終わる。
c0028405_22324637.jpg
2日目はとりあえず温泉で朝風呂を浴びて気合いを入れ直し、松代エリアに移動する。農舞台では、「空き家プロジェクト展」を鑑賞。盛況のようで一安心だ。
c0028405_22325985.jpg
2日目の天候は昨日と打って変わって大豪雨だったので、屋外系のアートは泣く泣く断念。空き家系を中心に攻める。マーリア・ヴィルッカラ「TIRAMISU3持ち上げて−行ったり来たり」など。
c0028405_22331416.jpg
みかんぐみ+BankART1929「BankART妻有」
c0028405_22333499.jpg
日本大学芸術学部彫刻コース有志の「脱皮する家」では、K先生が案内をしていたので挨拶をする。今回の芸術祭の中でも1・2を争う人気だそうで、大忙しとのこと。改めて内観をじっくり観たが、やはり圧巻だ。次回に向けた構想などをちょこっと聞いて、梨のおみやげをもらってお暇する。
c0028405_22335175.jpg
最後は松之山エリアへ移動。「森の学校キョロロ」や「美人林」など。クリスチャン・ボロタンスキー+ジャン・カルマンの「最後の教室」は時間切れで観れなかった。残念無念。泣く泣く東京に戻る。くたくただったので帰りの車中は睡魔との激闘を繰り広げていたが、誰かが持ち出した怪談話のせいですっかり目が覚めてしまった。疲れたけど充実した2日間だった。みなさんお疲れさまでした。
[PR]
by tzib | 2006-09-05 23:05 | art/design
ページトップ